MENU

頭皮への不安は男性だけじゃない女性にもある育毛に関する悩み

育毛と言えば、主に男性、特に年齢を重ねた男性が取り組んでいるイメージがあるかと思います。ただ私は、高校生の頃に育毛にチャレンジした経験があります。今年25歳を迎える私ですが、後にも先にも育毛に取り組んだ経験はあの1回だけです。薄毛に悩んでいたり、病気で毛が抜けてしまっていたりというようなことではありません。

 

理由は単純に、「髪を切りすぎたから」ということでした。まだ高校生の頃は今のようにおしゃれには気を遣っておらず、伸びてきたらとりあえずカットに行こうというような軽い気持ちでした。そんな私ですら、「これはあまりにもひどい!」という仕上がりになってしまったのがことの始まりでした…。周りにも「前の方が良かったんじゃない?」と言われ、いち早く髪を伸ばしたいという気持ちがあり、ドラッグストアで育毛剤を購入しました。

 

男性が使うような育毛剤ではなく、若い女性が髪を早く伸ばしたい時に使うような、まさに当時の私に向けたような育毛剤です。今思えば効果があったのかは定かではありませんが、毎日お風呂から上がると大量に頭皮へ塗り込んでいた思い出があります。あの出来事以来、思い切って髪を短くすることに対して未だに抵抗があります。

 

女性用育毛剤で薄毛予防してます

私の家系では父方の男性陣はほぼみんな薄毛で、しかもまだ三十代と若いうちから髪が薄くなり始める人が多いです。ですので私が幼かった頃には父やその兄弟である伯父はまだ若かったにもかかわらず、すでに髪が薄かった覚えがあります。そして私が大人になるにつれて父たちも年をとっていきましたが、今では薄毛というより禿げてしまいました。

 

ですが母方は薄毛とはまったく無縁で、みんな年をとっても髪はふさふさしていておまけに白髪もほとんどありません。こんな風に両極端な遺伝子を持つ私たち兄弟なので、髪がどちらの遺伝を受け継いだかによってかなり変わってきます。

 

そして私は女性なのですがどうやら父の遺伝を受け継いだようで、髪が細くて柔らかいです。なので私も年を重ねてきて、だんだん髪にハリがなくなってくるとともに、髪にボリュームもなくなってきました。

 

今のところはまだ薄毛というほどでもありませんが、女性だから禿げないとは限らないので、念のために女性用育毛剤を数ヶ月前から使い始めました。まだ効果はわかりませんが、これで少しは髪に元気が出てくれたらなと思っています。

 

髪に良いことを始めたい

私は現在アラフォーの主婦ですが、三十代の半ばからだんだん髪にボリュームがなくなってきたというのか髪の量が減ってきているように思い、危機感を感じています。そんな風に髪の量が少なくなっていているのがはっきりと分かるのは、髪をひとつにまとめた時です。

 

私は昔からロングヘアなので髪をまとめていることも多かったのですが、最近では髪を束ねた時に手に伝わる感触が明らかに軽くなっています。そこで育毛のために髪に良いことをしていきたいなと常々思っています。ただ私が知っていることといえばミネラルが豊富に含まれた食品が髪に良いということ、あとは寝ている間に髪は育つので睡眠を十分に取ったほうが良いということくらいです。

 

ですのでとりあえず今は規則正しい生活リズムを心がけて、食事も海藻類や緑黄色野菜などミネラルがたくさん含まれたものを意識して食べるようにしています。でもこれだけでは今ある髪を健康な状態に保つことはできても、少なくなった髪を増やすことは難しそうなので、他にも対策を取っていかなくてはと思います。

 

産後のヘアケア

子供を産む前はサラサラストレートだった私の髪の毛。産後いっきに髪質が変化しなんとクセ毛になりました・・・。さらに母乳をあげていたせいか髪にツヤとコシがなくなり、枝毛が大量発生!ドラッグストアなどでノンシリコンタイプのシャンプーやリンス、トリートメント(ちょっと高め)を買ってきてすぐに使い、丁寧に洗い、乾かしても翌朝はボンバーヘア。

 

さらには白髪も出現してきたため毎日食卓にわかめと昆布をだしていました。子供がいるとなかなかヘアケアに時間をかけていられないので思い切って、美容室でスペシャルトリートメントとストレートパーマをかけてもらいくせ毛の悩みからは解消されました。1歳になって母乳もやめると、抜け毛と枝毛もへり髪も艶々と元気になってきたようなきがします。

 

女性は産後髪質が変わると美容室のスタッフの方がおっしゃっていたので、ちょっと高めのシャンプーやヘアケア剤、また食生活をかなり見直す必要があるなと感じたできごとでした。

 

出産で傷んだ髪をケア

私は20代前半で出産するまで、髪の毛のことで悩んだことはありませんでした。どんなにカラーリングやパーマをしても傷むことがなくて、サラサラのストレートヘアでした。特別なヘアケアをすることもありませんでした。ですが、出産を終えるとそれまでサラサラだった髪の毛がギシギシとするようになりパサパサになってしまいました。

 

子どもを産んだからだと思い、普段通りの生活をしていたのですが、全く良くなることがなくて傷んだままでした。

 

これではだめだと思い、自宅でできるトリートメントを購入してヘアケアをしてみることにしました。蒸しタオルで包んだりして頑張ったおかげで少しは良くなりました。ですが、独身の頃のような髪には戻りませんでした。そこで、今までしたことのなかった美容室でのトリートメントをしてみました。多少お値段はしたものの、とてもサラサラになりました。それからは、月に一度は美容院でのヘアケアをして綺麗な状態を保っています。

ハゲが気になったら美容師にまず相談

私は美容師です。今日はハゲに関するお話をしようと思います。私の担当させていただいている男性のお客様は、ほとんどの方が「ハゲ」を気にしていらっしゃいます。ハゲていないか、これからハゲてくるんじゃないか、ハゲないようにするにはどうしたらよいか。などですね。

 

もちろん毛がフサフサで、家族や親戚に誰もハゲている方が一人もいなくて、自信満々で「俺はハゲない」と自負されている方もいらっしゃいますが少数派です。また、本当は気にしているのに「別に俺、ハゲることとか怖くねーし」という感じの方も。ちょこちょこいらっしゃいますね。

 

実は美容師はこれからハゲてくる人はわかります。髪質や今の生えている毛髪のコンディション、毛髪密度などでも大体わかります。ご本人も気にされているなら気付いていますよね。でも、「俺、将来ハゲますか?」とか、「俺ハゲてきてます?」って聞かれて、「はい。ハゲてます」とはさすがに言えないので、「大丈夫ですよ」と笑顔で言います!

 

でもその後に「でもご心配でしたらこんな育毛剤もあるので今のうちからケアしてみるのはどうですか?」とかなにかしら提案を受けるようであれば、可能性があると思ってください。私はそのように質問をされたらアドバイスをするようにしています。

 

あくまでも参考までですが(笑)今は早めのお手当でしたら男性向け育毛剤やAGAという発毛する治療法がありますし、発毛効果が抜群のトリートメントなどもあります。親身になってカッコよくしてくれますからね!もちろん、カットもハゲ対応の技術だってあるんですよ!気になるようでしたら是非、美容師さんに恥ずかしがらずに相談することをお勧めします。

 

薄毛夫婦の毎日

夫婦揃って薄毛な私たち、日々育毛、発毛に励んでいます。枕はあずき枕、少々うるさいですが通気性よく寝ている間もマッサージ効果。シャンプーはもちろんノンシリコン、有名なお高めのアレです、夫婦揃って入浴後のお手入れは入念で30分は鏡に向かっていますが20分は薄くなったところのチェックです。

 

効果は少ないと言われようが海藻類を毎晩食すし 恐らく夕食時の会話の中に育毛関係の話は3日に一度は出てきます、先日はどちらが先に植毛するかで喧嘩になりました(笑)、結果旦那さんが植毛、私がウィッグということに落ち着きました。

 

夏の外出はもちろん紫外線対策に私は日傘、旦那は麦わら帽子で当然、傘、麦わら帽子に合わせて洋服のコーディネートをするため道行く人は夫婦二人でどこへ出かけるのか全く想像がつかないでしょう。

 

その他いろんな努力はしているのですが旦那さんは酒、タバコの嗜好品だけは我慢ができません、こんなに頑張っているのに旦那さんだけどんどんおでこが広くなってきています。

 

ヘアケアのための日々のシャンプー・トリートメントの方法

ヘアケアのために入浴時の洗髪にまずシャンプーを2回行います。シャンプーの分量はそれぞれワンプッシュです。1回目は軽く洗い流す程度、2回目にしっかりと泡立ててしばらくシャンプーを髪の毛になじませるためにしばらくそのまま流さずに1~2分ほどおいておきます。その後のトリートメントは1回ですが、こちらもなじませるために髪の毛全体にトリートメントをつけたらしばらくおいておきます。

 

しばらくしてから洗い流すと1回だけの洗髪よりも髪の毛がサラサラになっています。この方法は元美容師さんから教わったやり方で、実際に美容院でもこの洗い方を実践しているのが普通だそうです。

 

洗髪後にさらにヘアケア用の洗い流さないトリートメントなんかをつけるとより髪の毛に艶が出て綺麗になります。

 

あとは実際に美容院で売っているシャンプーやトリートメントは個人的にですが効果絶大で、美容師さんもびっくりするくらいサラサラで艶のある髪の毛になったので、女性で髪の毛の傷みに悩みがある場合はまず美容師さんに相談するのがいいと思います。

 

育毛サプリに頼りました

私が脱毛を気にし始めたのは25歳の時です。仕事で髪の毛をクリップで留めている事が多いのですが、昔は髪が多すぎて留まらない程でした。それが逆に少なすぎてするんと抜け落ちる事があるようになりました。原因を考えると、大学生の時に髪の毛を染めすぎた(パーマも)テニスサークルに入り、炎天下で何時間も頭皮が焼かれた。

 

などです。後はやはり、その時働いていた職場が凄く嫌でストレスだったのかもしれません。このままではまずい…と思い、ネットで色々検索してみました。大きく分けて塗布するものとタブレットなどを飲む方法がありました。しかし、女性用の物よりも圧倒的に男性用の物の方が多く感じました。

 

その中から、パントガールという薬(サプリメント)を試してみることにしました。特に副作用がなく、逆に肌が綺麗になったり爪が丈夫になるという物で安心しました。海外からとりよせて、朝・昼・夜3ヶ月間飲み続けると、確かに抜け毛が減って髪がふっくらしてきたように思います。もしくは飲んでるから大丈夫。という安心からかストレスが減ったのかもしれません。